笑顔の女性

不足した女性ホルモンが補われる!サプリメントで栄養チャージ

目の酷使には

眼精疲労

現代病のひとつです

パソコンの普及を始め、今では誰もが携帯電話やスマホで目を酷使する社会になりました。また大人だけでなく子どもも、小さい頃からテレビゲームに夢中になり時間も忘れ遊んでいます。そして授業で、タブレットを用いて学習するといったデジタル学習が推進されてきています。このようなデジタル化が進むことで、必然的に大きな負担が目にかかってくるわけです。疲れ目やかすみ目、目の奥がジーンと痛むなど眼精疲労と言われる症状がよく見られます。これも時代の流れとともに仕方のないことなのかもしれません。このような眼精疲労に効果があるといわれる代表的なものは、アントシアニンで症状の回復や視力改善が期待できます。毛細血管を強化・保護、角膜や水晶体に含まれるコラーゲンの安定といった働きもあります。日々酷使される目を大切にし、眼精疲労を軽減させるこのような栄養素を摂り、サプリメントなどの健康食品で効率的に摂取する方が今後も増え続けるのではないでしょうか。

栄養摂取と適度に休むこと

眼精疲労にはアントシアニンという栄養素が効果があるということですが、摂取方法はどうでしょうか。アントシアニンが多く含まれる食物は、ブルーベリーといわれています。しかし生のブルーベリーで必要量を摂るとなると、一日に約50g以上食べなくてはなりません。約50粒以上の量を毎日食べることは、とても難しいためサプリメントなどで摂取することが簡単で効率的です。またドライフルーツやジャム等を食べることもいいですが、それだと必要な栄養素だけでなくかなりの糖分も摂取することになってしまいます。眼精疲労を目的としているのに、太ってしまっては健康にも良くありません。効率的に摂取するにはやはり健康食品やサプリメントで補うこと、またパソコンやスマホ、ゲームなどをする場合は適度に休憩時間を挟み目を休ませることも大事です。目を酷使することは避けられないかもしれませんが、目はとても大切な器官でもありますし大切にしたいものです。